外部書籍掲載


ポケスペのことが取り上げられている他出版社の書籍等についてまとめました。

石田佐恵子「まんがの方法」 / 『ひろがる言葉 小学国語 5上』
【出版社】 教育出版株式会社  小学五年生用の国語教科書『ひろがる言葉』において、マンガの表現方法を説明する単元にて、通巻版1巻p.141がそのまま掲載されている。この教科書は2002年度から使用されており、2011年度からは、23巻p.13に置き換わっている。
【出版年】 2001年
【掲載頁】 p.61(関連頁:p.57-68)
【参考】 公式サイトQ&A No.20


石田佐恵子「まんがの方法」 / 『ひろがる言葉 小学国語 5下』
【出版社】 教育出版株式会社  2010年度までは、通巻版1巻p.141が掲載されていた小学五年生用の国語教科書『ひろがる言葉』だが、2011年度から使用の教科書からは、23巻p.13が掲載されるようになった。また、当該単元自体も、上巻から下巻へ移動となっている。
【出版年】 2010年
【掲載頁】 p.66(関連頁:p.64-73)
【参考】 山本先生のTwilog(12/01/26)


箭本進一「ポケモンマンガを読もう!」 / 『ゲームラボ 2015年1月号』
【出版社】 株式会社三才ブックス  ポケモンのゲーム歴史を振り返る特集記事が掲載(p.18-29)されており、続けてそのコミカライズ作品の紹介記事の中で、ポケスペが取り上げられている。穴久保先生の「ポケットモンスター」、おのとしひろ先生の「電撃!ピカチュウ」とともに、各作品の魅力や特徴が紹介されている。
【出版年】 2015年
【掲載頁】 p.30-32(関連頁:p.30-33)
【参考】 山本先生のTwitter(14/12/24)


吉本ばなな『忘れたふり どくだみちゃんとふしばな2』
【出版社】 幻冬舎  2016年10-11月にスペイン・バルセロナで開催された「サロン・デル・マンガ」での日下先生と山本先生のことが取り上げられており、両先生が、小さい子どもに問われた「ピカチュウが生まれた瞬間」について、その答えを真剣に考える姿を次のように綴られている。また、日下先生と山本先生に挟まれた吉本ばばな先生の写真も掲載されている。
 大人の頭で普通に考えたら「ポケモンのゲームに便乗してまんがも販売しようとしている、単なるプロジェクト」の人たちなはずだったのに、そんなことはなかった。子どもたちの心を打つには、まがいものではやっぱりだめなんだろう。
【出版年】 2017年
【掲載頁】 p.18,20(関連頁:p.10-20)
【参考】 山本先生のTwitter(18/01/04)
 当該書籍は、noteにて有料配信された記事を収録したものであり、当該ポケスペ記事は、2016年11月30日に配信されている。月額400円で配信記事を購読することができ、書籍においては白黒縮小されている写真も、配信記事では縮小なしのカラー写真が掲載されている(文章については、ポケスペに係る部分は書籍・配信記事に違いなし)。





ウィキペディアにおいて次のような記述があります。

東京書籍から発行されている中学2年生向けの英語の教科書の異文化交流を行う設定の単元に、日本の漫画文化の代表例の一つとして本作の1巻の表紙が載っていたが、2009年度版以降の版では別の漫画に差し換わっている。

 東京書籍の中学2年生用の英語教科書は『NEW HORIZON English Course 2』です。検定教科書はほぼ4年に一度改訂されており、2008年度以前における直近の改訂では、2006年度から新しい教科書が使用されています。したがって、2006年度の当該教科書を確認しましたが、ポケスペ1巻表紙の掲載は認められませんでした。さらに以前の改訂である、2002年度からの使用教科書も確認しましたが、同じく認められませんでした。なお、さらにその前の改訂による教科書は1997年度からの使用開始であるため、1巻表紙が載ることはありえません。
 そもそも、2009年度に教科書改訂は行われていないため、2009年度以降差し替えられたという記述には疑問が持たれます。参考画像
 したがって、ウィキペディアにおけるこの記述は間違いであると考えられます。




トップ  > 資料館  > 外部進出  > 外部書籍掲載