ゴールド語録

ゴールド ゴールドが時々使うムズカしい言葉を調べてみました。

参考サイト : 日本語俗語辞書 Yahoo!辞書 goo辞書

話数 セリフ 漢字 意味
8巻 95話 南無三 南無三 「南無三宝」の略。
(1)仏・法・僧の三宝に帰依すること。
   三宝に呼びかけ、仏の助けを求める語。
(2)驚いたとき、失敗したときに発する語。しまった。
9巻 105話 ザマーミロ 様(を)見ろ 人の失敗・不運に対して、心中愉快だと思いながら発するののしりの言葉。 
12巻 146話 デカブツ   でっかい怪物、でっかいモノ(=ブツ)
12巻 149話 カタブツ 堅物 きまじめで融通の利かない人。
12巻 154話 パープリン   (1)参照:http://zokugo-dict.com/26ha/paapurin.htm
(2)警備員がパープル色の制服を着ていたから?
15巻 180話 オダブツ 御陀仏 死ぬこと。物事がだめになること。
(人が死ぬときに「南無阿弥陀仏」と唱えることから)
29巻 328話 オタンコナス   まぬけな人やのろまな人をののしっていう語。まぬけ。
29巻 328話 ミョーチキリン 妙ちきりん 普通では考えられない、不思議なさま。奇妙なさま。
29巻 328話 コンコンチキ   (1)狐のこと。こんちき。
(2)人や物事の状態について、意を強めたり茶化したりする言葉。
29巻 329話 トーヘンボク 唐変木 気のきかない人、物分りの悪い人をののしっていう語。
29巻 329話 スカタン   (1)当てがはずれること。だまされること。
(2)見当違いなことやへまなことをした人をののしっていう語。
29巻 334話 ウスラトンカチ 薄らとんかち 知恵の足りない人、間の抜けたことをした人をののしっていう語。
29巻 335話  ドサンピン ど三一 〔「ど」は接頭語 強調の意(ののしる気持ちをこめる)〕
三一侍さんぴんざむらい」または「三一奴さんぴんやっこ」の略。
江戸時代、身分の低い武士をいやしんでいう語。
(1年間の給料が3両1分だったことから)


トップ > 資料館 > 各章考察 > ゴールド語録