ヤナギ

ヤナギ   性別  ♂
 職業  ジムリーダー、彫刻家
 別名  永久氷壁のヤナギ
 一人称  私
 初登場  12巻143話(8巻100話)
 移動  陸上:車椅子 氷の上でも滑らない特殊な滑り止めが施されている。
特徴 
 ジョウトジムリーダーの1人。氷タイプの使い手。
 オーキド博士・育て屋老夫婦・キクコ・ガンテツとは古くからの友人。
 全ジムリーダーの中で1番就任経験が長く、ジムリーダー対抗戦ではジョウト側の将を務めた。
 チョウジ郊外の谷の下にジムを構えている。「絶対零度の館」と呼ばれている。
 氷の彫刻造りで生計を立てており、ポケモンが受注・運搬を行っている(スズの塔のホウオウ像も彼の作品である)。
 買い物等もほとんどポケモンに任せており、本人はとにかく外へ出ないらしい。

 仮面の男の正体。
 所持している杖の中には特注ポケギアが仕込まれている。
 杖で地面をモールス信号の要領で叩くことでポケモンや氷人形に命令を送信する。
 ヤナギにとってポケモンとは「愛すべき存在」であり、過去に失った愛するラプラスを取り戻すためセレビィを求めた。
 三章決戦後、セレビィの意志により時の狭間をさまよい、九章にてセレビィとともに時の狭間から帰還した。


手持ちポケモン

 ポケモン  性格  特性  覚えている技  補足
 パウワウ ×2        
 ウリムー  おっとり  どんかん  こなゆき
 ふぶき
 
 デリバード      プレゼント
 ずつき
 ふぶき
 
 ラプラス
 ヒョウガ
       下記の2匹のラプラスから生まれた。
 
 ラプラス
 ラ・プリス
       過去にヤナギが氷原で失ったつがいのラプラス。
 ラプラス
 ラ・プルス
     
 セレビィ        ラプラスを救うためにヤナギが追い求めていたポケモン。
 「時をとらえるモンスターボール」によって捕獲された。
 最終的にはヤナギと共に「時のはざま」へと消えていった。



トップ  > 資料館  > キャラクター  > ヤナギ